このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

葬儀マナー

Q.香典袋の表書きはどのように書けばいいのでしょうか?

香典の表書きは喪家の宗旨により若干の違いはありますが通常は次のように区別されます。

  • 仏式の場合/御霊前・御香典・御香料
  • 神式の場合/御霊前・御玉串料・御神前
  • キリスト式の場合/御霊前・御花料・献花料
  • 無宗教の場合/御霊前・御花料

※宗旨が分からない場合は「御霊前」と書くのがいいでしょう

Q.香典袋へのお札の入れ方で気をつけることはありますか?

写真

新札は使わないのがマナーと言われていますが、霊前に納めるものですからなるべくきれいなお札が良いでしょう。新札の場合は、縦方向に1本折り目を付けると良いでしょう。お札の向きは裏返しに入れるのが常識です。

Q.ご焼香は何回するものなんでしょうか?また、宗派によって違うのでしょうか?

焼香は、故人の霊を清め仏に帰依することを念じるための礼法です。
焼香の回数は、厳密にいえば1回、2回、3回など宗派によって違いがあります。

しかし、会葬者が多いときは1回の方がよい場合もありますので、あまり回数にこだわることなく、故人の冥福を祈る心を考えて焼香すればいいでしょう。
ちなみに、各宗派の焼香回数は下記の通りです。(一般例です)

  • 天台宗・真言宗・浄土宗/3回
  • 浄土真宗大谷派・曹洞宗/2回
  • 臨済宗・浄土真宗本願寺派・日蓮宗/1回

Q.通夜・告別式にはどのような服装で行けばいいのでしょうか?

≪通夜≫
通夜には急いで駆けつけるという意味あいからも、地味な平服で差しつかえなく、葬儀では喪服を着用して礼をつくすのが故人や遺族に対する配慮といえます。 現在は、仕事の都合などで昼間の葬儀に参列できないため、通夜のみに伺うという人も増えています。 その場合は通夜が故人との最後のお別れになるので、喪服を着てもよいでしょう。 男性は黒のスーツか、濃紺、グレーなどのダークスーツが適しています。 女性は、黒、茶、紺のワンピースかアンサンブル、ツーピース。 和装なら地味な色無地の紋付きを着ます。

≪告別式≫
男性は、正式な喪服は、喪に服する近親者が着るで、一般弔問客は略式の喪服を着用し、靴は金具のないプレーンな黒を履きます。 通夜に出て、葬儀にも参列する場合は、同じ喪服を着用しても差しつかえありませんが、通夜より葬儀の装いを改まったものにするとよいでしょう。たとえば男性なら、通夜では地味なネクタイにして、葬儀では黒のネクタイに変えるというように変化をつけます。 女性は、黒のワンピースかツーピース、和装なら黒の一つ紋の着物、帯やハンドバックなども黒の物を用います。 弔事の装いでは、光るものや人の目を引くものはすべて避けるのが常識ですので、メイクは薄化粧にし、鮮やかな色の口紅やマニキュア、香水は避け、髪飾りも光る金具のついたものは避けて黒いリボンを結びます。 またアクセサリーは、真珠のネックレスならよいとされていますが、2連のものは“重なる”に通じるので避け、イヤリングや指輪は真珠でも遠慮しましょう。ただし、婚約指輪・結婚指輪はアクセサリーとは意味が異なるので、つけたままでもかまいません。

事前相談・お問い合わせはお気軽に・ふじホールでは、葬儀の事前相談を行っております。気になることがございましたら何なりとご相談ください。
ページの先頭へ
お問い合わせ 事前相談